« 旅 | ホーム | カメラマン »

2009年12月16日

普天間基地

b-DSC_3254.jpg数日間の取材が終わり、雨ザーザー。
お見事!!晴れ男の編集者と、晴れ女のカメラマン。
ロケ撮では、お天気を見方に出来ないとだめなので、その点は、私はオッケーかな?(笑)今、日本中の注目を浴びている『普天間』『辺野古』と取材すると、色々考えてざるを得ません。
そんな視点で、リゾートや海洋博があった「海」と接すると、さらに複雑な気持ちになってしまいます。うむむむむ・・・

長年お会いしたかった海洋学者のK氏。
とても心身ともにビューティフルで、信念を持って活動されているお方。
20年前、今の私の年齢に、本部町に住んで、あちこちの海を潜っては研究されて、本国へお帰りになり、3年前に戻って来られました。
周囲から、なんと見られようと、言われようと、サンゴの海を守るために活動されている彼女の目には、今をどう見ているのでしょうか?
もっと、もっとゆっくりお話したかった。(チビ連れだと、難しいかな。)

私が知っている沖縄の海は20年前から(厳密には25年だけれど、その頃の海って『奇麗』って、印象しか残ってない)。
その時だって、すっごく奇麗だって記憶しているけれど、その前はもっともっと、美しい海だったんですって。
海人オジィ達の記憶に残っている海中世界。でも私は覗くことが出来ない。

ルー達、未来を担う子供達が見る、20年後の海って、どんなだろうか。
最近、リアルに、そんなことを考えます。

本物の海を残さなければならない。
でも、写真映像も貴重だ。無くなる事を前提としてとるのではなく、残ることを祈りつつ、活動しつつ、シャッターを切り続けたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.chikakofuruya.com/mt-tb.cgi/246

コメント(2)

20年後の海。

白保と大浦湾のアオサンゴは 生き生きしているだろうか?

K氏、というよりは、M氏?

面識はありませんが、ある意味、私が沖縄に済み始めるきっかけをくださった方でもあります。少し前にテレビでお姿を拝見しましたが、また沖縄に住まれているのですね。海洋学者の端くれである私も、いつかお目にかかりたいものです。

コメントする

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、古谷千佳子が2009年12月16日 03:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「」です。

次のブログ記事は「カメラマン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。