雑感 / MISCELLANEOUSの最近のブログ記事

f-DSC_6777.jpgf-DSC_0077.jpg
ギネスブックで世界一と認められている「那覇大綱引き」
って、私の中では「沖縄のイベント」的位置付けでしたが、
息子が那覇の小学生となり、
校長先生や教頭先生、クラスの友達らもも参列している
「地元の行事」なんだなぁ〜と改めて実感。



f-DSC_0413.jpg
・・・とはいえ、約27万が「会場となった国道58号線」
を埋め尽くし・・・観光客やボランティアスタッフなど、
外国人の多いこと。www




f-DSC_6729.jpg
30分にわたる熱戦の末,
我らが所属する東組は負けてしまいましたが、
対戦成績は、過去を含め、14勝14敗15分けとか。





f-DSC_6372.jpg
来年こそは、チンク(鉦鼓)隊やればいいのに〜と、
息子に声をかけようものの、
この時期、那覇にいるかいないかもわからず、、、

が理由ではなく、団体行動が苦手なのか、
その他の理由からか、不明ですが、
そろそろウチから撮影したいものですな。


f-DSC_7007.jpeg
息子との距離感もだいぶ離れてきたし、
(幼児期は、半径2メートル???!w)とはいえ、
瞬間目を離すと行方不明の恐怖もありあり、
撮影スタンスをどうしたものかと、未だ試行錯誤。


明日からの県外取材も、心配だなぁ〜・・・

わんぱく度、絶好調だし・・・

f-DSC_7133.jpeg
2足のわらじは、想像以上に履き心地なれず、
兎にも角にも、ゆっくりでも立ち止まらず、
気持ちも時間感覚も、長く、大きく構えて
進むしかないようです。



それでこそ、見えてくる世界を大切にし、
大器晩成(今の時代死語?w厚かましい?w)、
ということで。www




14207689_1104294799663160_8714601721962479078_o.jpg
見えない「心」は、行動と言葉でした読み取れない。
その行動の意味は、いかに???
問題といえば問題ですが、
それをクリアし、それが後になってみれば、
面白いネタだらけ。www

すっごい、ネタ持ちですよ、母は www。

・・・と前向きな心で、
差し伸べてくださる手に感謝し前進できるように、
頑張るのみです。

パラリンピックも始まりましたが、
心・肉体・魂
を駆使して挑むその姿は美しく。
肉体に障害があっても、
自分の身体を前向きに受け入れ、
マイナスをプラスの力に変えて頑張る姿に、勇気付けられる。

様々な困難を乗り越え、前に進もうとする姿は、本当に素晴らしい。
夢に向かう人たちに手を差し伸べる人々と、社会。
多様性を認めあえる社会、世界を願う。
身体を元気に、心を引っ張る。
心の力で身体を導く。

心身一如。
一人一人、身体も心も違う。
親として、一人の大人として、
社会の一員として、
私には何ができるのか?

飛びたい!と願い空に羽ばたいた鳥。
海に残ることを決めたイルカ。
長い舌を伸ばしてジャンプしながらトンボを捕まえるカエル。

「願い」が形を変え、進化する。
そうなりたいと思うことから始まる。
好きなことのために出せる力、
諦めない心、
どうやって導いてあげられるのか?

マイナスと思われることすら
プラスに変え進む力を、私たちは持っている。

・・・なんて、考えつつ、
雷ゴロゴロ大雨の中、
本日のお仕事再開。
お呼び出し時間までに・・・・www


14138844_1099429676816339_725222905219982292_o.jpg
ふぅ〜















13962736_1085625641530076_1756788749978577449_n.jpg
古武道や空手は、
泳ぐ時と全く違う筋肉、腱を伸ばすので、
しばらくぶりに動こうとしても、思うように身体が動かない。

足首は固まり、大腿筋も弱っている。
可動域が狭い。
(逆に、しばらく泳いでいないと、足裏や、ふくらはぎ方面がツリそうになる・・・)
太もも弱ると、腰が落とせなくなり、かっこ悪〜。

30度の道場内。
しばらく休んでいる間に、扇風機が入ってたので、それで救われるけれど、
夏の一人稽古用の道着を着ても、汗でペタペタくっつくし、
空気が薄いというか、なんというか、暑くて、
太ももプルプル・・・

それでも、海と陸は肉体労働。
撮ってきたものを整理したり、計画書立てたりのデスクワークとの
極端な仕事の違いが一番酷使しているところなのか?
怠けると、身体はすぐに弱る。
足から弱ってくる感じ。

この2極の仕事は、なんというか、身体には酷だけれど、
「身体動く=心動く→アスリート系写真家
(最近呼ばれて、ふと気付いた側から見られる自分流w)
としては、ちょうど良いのかな?、とか。www

〜それにしても、間に合うのかな?9月上旬の大会に。
(稽古してない私も出場って?!!!)
また旅に出かけてしまうのに。

でも、年に数日しか口開けしない(漁に出ない)海女集落もあって、
それでも、何十年も続けていると、きちんと体が動くように
(とはいえ、初日はきついと、みなさんおっしゃってましたが)
この先、何十年も続けていれば、
夏の取材シーズンで稽古できない時期がしばらく続いても、
ピタッと、そのモードに入れるようになるのかしらね?

継続は力なり、を信じて。
写真家ととかあさん、夏の後半戦、取材計画中です。
ギザギザだったり、モサモサだったり、
なだらかな海岸線だったりと、
日本地図を眺めるのは面白い。

景観がそこの仕事や暮らしを作り、
人の文化や気質までも作ってゆく・・・・
人間は自然の一部だよな、って。

その土地に属さない、旅人の形は、
思いがあって、無理(無茶)した結果の進化系?

身体、心、
進んだ先の、私はどうなる?変わる?

全国海女撮影、まだまだ続きます。
どうぞよろしくお願いします。


13920473_1081124961980144_6641268814729287000_o.jpg
風、その場の空気を、肌で感じ、
様々な体験をし、
自分の中にあるものが、形になってくる。

まだ「言葉」をうまく扱うことはできないけれど、
思いが固まって行く。

しばらく体の移動を小さく(小休止)して、
まだ動き出します。






Aug

01

13667877_1073891162703524_6432057633836229861_o.jpg
「何釣ってるの?」
「ふぐ〜」って・・・www

自転車に乗って、釣竿持って、
友達とどんな話をしてるのかな?

いろんな暮らしがあります。

13913666_1073891516036822_4796213481796422856_o.jpg
景観の違いは、仕事、暮らしの違い、
それは人の気質や性格的なものまで、
影響を与える。





13640717_1073892066036767_3797560850519728640_o.jpg
私は、やっぱり海辺がいいなぁ。
この落ち着きのない心身を、ジュッと冷却してくれる。w

でも、海と言ってもいろいろで、
海辺の暮らしも様々。



13668710_1073892009370106_3303763326018397066_o.jpg
知れば知るほど、もっと知りたくなる。
私は、風の人、なんだな・・・・と。







f-DSC_3813.jpg
私の場合は、とにかく「待つ」撮影です。
(同じ写真の仕事でも、モデルなど相手を動かす仕事(撮影)や自分のイメージするものを再現する世界もあります。)

私がお邪魔している世界では、
被写体となる海女さんに合わせて動く。

海女さんは、海の状況や地域行事、資源管理など、
様々なことを調整して、
漁に出るか否かを決めるわけです。

それも、海に関しては、当日の朝にならないと、わからない。

私は、とにかく待つしか無いのです。

待つことと、重たい機材を持つことが、第1の仕事。w

それがクリアできて、次に、海に潜る、泳ぐ、走り回る。
相手の邪魔にならないように、動く、など。

とにかく、相手に合わせなければなりません。

海に入れない=ガッガリ・・・・なんて気持ちでは、続きません。(若い時は、そんなだったかも。w)

子供と同じで、自分の都合ではどうにもならないことが多いから、
それを楽しめるタフさが、一番必要なもの。

海・自然のように太刀打ちできない脅威とや、
思う通りに動かない子供とか(www)、
すごく大切なんだと思います。

さて、原稿書かねば!


f-DSC_3867.jpeg
眠くて、眠くて、眠くて・・・

寝ます。
f-DSC_3891.jpeg











f-DSC_3755.jpeg
私は「目標」を立て、それに向かって走り続けることで、
自分をキープしている人間なので、後者ではあるけど、
男を待つ女、ではなかった。www

今現在、唯一、時に自分を犠牲にして「待つようなこと」を
したりしている。
自分のお腹から生まれてきた最愛の息子ルーのためには、
なんとかそれができている。(???と言われそう?w)

「待つ」というか、歩みを緩めることで、
見えてくる世界が変わったり、
新たな発見があったりと、非常に、面白いとも思っているが、
未だ、いわゆる「女」の気持ちがわからない。

「海女」と言っても、全国様々で、
今まで出会った海女さんたちとは、ちょっと雰囲気が違う
彼女らに気持ちを近づけていくには、
もっと文化や歴史を学ばなければならない。

・・・・と思うている。

現場に入らないと見えない、感じられないこと、
やっぱりたくさんありますね。

それに触れた時の「気持ち」を大切に、
取材を進めたいと思っています。

**************

f-DSC_3835.jpeg
(掲載写真は、文章に関係ありません。w)

自分の趣味に、しっかり反応してくれる彼女に
ご満悦な、ルー。
日々、捕獲に勤しんでいます。




f-DSC_2919.jpg
・・・雄の半分。

「少し匂いがあるけど、バター焼きにすれば、一緒やから〜
(やすい方でいいの)」と、地元の方、
採りたてのアワビを買いに来る。

「なんで安いんですかね?」
「女(人間)の価値と一緒やない?」

女の人は、お金を稼げない?
島での暮らしは、お金以外のものが非常に大切であり、
そこに敏感に反応する必要はないのかもしれませんが、


私にとって・・・じょ、冗談にもならない・・・www


それを間に受けてしまう私は、
結局「貨幣価値」に重きを置いているということ?

物々交換やら、コミュニケーション能力、
といった、
貨幣で買うことができないもの、
をごく自然に大切にしていれば、

金銭的な価値で図られても、なんとも思わない、ということ?



ま、そんな大げさな話ではないのですが、
雨降りの今日、写真整理をしながら、思考できる、
大切な日ですから・・・・



東北地方太平洋沖地震で被災した漁業者に対する義援金に関するお知らせです。

2011年7月18日(月)~22日(金)の5日間、J-WAVEにラジオ出演しました!
視聴はこちら↓

2011年7月放送分のJ-Wave Lohas Talkのポッドキャスティングが配信されています。


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

最近のコメント

OpenID対応しています OpenIDについて

写真・文章の無断転載やコピーはご遠慮下さい。

チカ・コーポレーション

Copyright ©2011 古谷千佳子写真事務所 /  Site Produced by Helms Co. /  Powered by Movable Type
 Mail